脚注と文末脚注をMicrosoft Wordで使用する方法

あなたが個人的な、またはプロの執筆のためにMicrosoft Wordを使うかどうか、時々あなたはあなたの仕事のセクションに補足のメモを加えたいと思うかもしれません。おそらく、あなたは自分の主張の1つについて補足コメントをしたいと思うでしょうか、あるいは本文から邪魔されることなく他の著者の作品を引用する必要があるでしょう。幸い、Wordには脚注と文末脚注を文章に追加するための便利なツールがあります。

:Microsoft Word 2016を使用していますが、Wordは少なくともWord 2007以降、脚注と文末脚注をサポートしています。少し違って見えます。しかし、心配する必要はありません。機能と機能は同じです。

脚注と文末脚注とは何ですか?

脚注と文末脚注は両方とも、本文の外側に文章に余分な情報を追加する方法です。言葉だけではなく、文章だけでそれらを考える。脚注と文末脚注を使用して、作品に副次的なコメントを追加したり、本、記事、Webサイトなどの他の出版物を引用することができます。脚注と文末脚注の唯一の違いは、それらが文書のどこに表示されるかです。

名前が示すように、脚注は対応する文を含むページの下部に添付されています。文末脚注は、セクションまたは文書の末尾に追加されます。どちらを書くべきかは、あなたの個人的な好み、または学校や仕事のために書く場合は、組織の出版基準によって異なります。

脚注と文末脚注を挿入する方法

Microsoft Wordを起動して、脚注を追加する文書を開きます(または、始めたばかりの場合は新しい文書を作成します)。 Wordのリボンの[参照設定]タブに切り替えます。

ここには、目次を挿入したり、引用を追加したり、参考文献を作成したりするためのツールなど、テキストに注釈を付けるための便利な機能がたくさんあります。このタブの2番目のグループには、必要な脚注と文末脚注の機能が含まれています。

脚注を追加するには、脚注を表示する位置にテキストの挿入ポイントを置き、[脚注の挿入]ボタンをクリックします。

挿入ポイントを置いた場所に、小さな上付き数字が追加されます。

そして、すぐに脚注枠にフォーカスを移動して新しい脚注にカーソルを移動するので、すぐに入力を開始できます。

脚注は、ページの下部の短い水平線の下に表示されます。このページに脚注を追加するたびに、別の番号がリストに追加されます。

脚注を追加したら、各文の参照マーカーの上にカーソルを合わせると、テキスト内の脚注のプレビューが表示されます。

ナビゲーションバーの[次の脚注]ボタンをクリックして、本文の脚注とページ下部の脚注リストの脚注をすばやく切り替えることもできます。

または、[次の脚注]ボタンのドロップダウンメニューの矢印をクリックして、別のナビゲーションオプションを選択します。前の脚注に移動するか、次のまたは前の脚注に移動するかを選択できます。

文末脚注を挿入する手順は基本的に同じです。注釈を付ける場所にカーソルを置き、Wordのリボンの[参照]タブにある[文末脚注の挿入]ボタンをクリックします。

脚注と同様に、Wordは文末脚注を含む上付き番号を添付します。しかし今回は、それが生成するノートのリストが現在のセクションの最後またはドキュメントの最後に表示されます(それらが表示される場所をカスタマイズできます。それについては後でもう少し説明します)。

Word 2016で脚注と文末脚注を構成する方法

Wordには脚注と文末脚注の基本的な既定の設定がありますが、[参照設定]タブのメニューからいつでもこれらの設定を調整できます。

「脚注」メニューの右下隅にある矢印をクリックします。

これにより、脚注と文末脚注の位置、外観、および形式をカスタマイズできる[脚注と文末脚注]ウィンドウが表示されます。

既定では、Wordはページの下部に脚注を、文書の末尾に文末脚注を配置しますが、これらのメモの表示位置は変更できます。

[脚注]と[文末脚注]メニューの[場所]の下にある[脚注]オプションを見つけます(最初にメニューを開いたときは、デフォルトで選択されています)。そのオプションの右側にあるドロップダウンメニューを開くと、脚注の場所をページの下部またはテキストの下に変更できます。後者のオプションを選択した場合、脚注はページの下部ではなくテキストの本文の直後に配置されます。

文末脚注のデフォルトの場所を変更するには、[文末脚注]オプションを選択してから、右側のドロップダウンメニューを開きます。そこで、文末脚注の位置を現在のセクションの末尾または文書の末尾に変更できます。

別のオプションは、あなたの脚注のすべてを文末脚注に変換すること、またはその逆の変換です。このオプションを使用すると、それぞれを個別に変更するのではなく、一度に変更できます。たくさんのメモを含む文書を作成している場合は、このオプションが役立ちます。

[脚注]と[文末脚注]メニューの[場所]セクションで、[変換]ボタンをクリックします。

[ノートの変換]ダイアログボックスが表示され、次の3つのオプションを選択できます。必要なオプションを選択してから[OK]ボタンをクリックします。

既定では、Wordは脚注および文末脚注の一覧を、それらが表示されるページと同じレイアウトで作成します。ただし、[列]ドロップダウンメニューをクリックして使用する列の数を選択すると、[脚注と文末脚注]ウィンドウからこれを調整できます。

脚注と文末脚注をページ上の最大4つの異なる列に表示するように設定できます。

Wordでは、脚注と文末脚注の番号付け方法をフォーマットするためのいくつかのオプションから選択することもできます。特に、同じ文書で脚注と文末脚注の組み合わせを使用している場合は、各ノートタイプに異なる番号付けシステムを選択することをお勧めします。これはあなたとあなたの読者が一目ですぐに2つを見分けるのを助けます。

フォーマットセクションで、「数値フォーマット」オプションの右側にあるドロップダウン矢印をクリックします。ご希望の数値フォーマットを選択してください。

標準の番号付けシステムではなく、カスタムの記号でメモにラベルを付けることもできます。 [カスタムマーク]オプションの横にある[シンボル]ボタンをクリックします。

記号メニューが開きます。メモにラベルを付けるために使用する記号を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

選択したアイコンが[カスタムマーク]ボックスに表示され、Wordはこの記号を使用してメモにラベルを付けます。

デフォルトでは、Wordは個々のシリーズの脚注と文末脚注に「1」(または a i I など)の番号を付けて続きます。文書全体を通して。ただし、メモの開始点と継続性の両方をカスタマイズできます。

脚注または文末脚注をシリーズの最初の番号以外の場所(たとえば、 1 ではなく 2 )から始める場合は、[開始位置]の矢印をクリックします。初期値を増減するためのドロップダウンボックス。これが役立つ可能性のある例の1つは、文末脚注を含む本を書いていて、各章を別々のWord文書として保存している場合です。最後の章が終わったところから文末脚注に番号を付けるように各章のドキュメントを設定できます。

番号付けシリーズの連続性を変更するには、[番号付け]オプションの横にあるドロップダウンメニューの矢印をクリックします。

脚注と文末脚注に番号を付けるには、[連続]、[各セクションを再起動]、[各ページを再起動]の3つのオプションがあります。脚注と文末脚注に文書の最初から最後まで連続的に番号を付ける場合は、[連続]オプションを選択します。メモを章やセクションごとに番号付けする場合は、[各セクションを再起動]オプションを選択します。ページごとにメモに番号を付けるには、[各ページを再起動]を選択します。

上記のオプションを設定したら、変更をドキュメントにどのように適用するかを選択する必要があります。メニューの下部にある[変更の適用先]オプションの横にあるドロップダウンメニューの矢印をクリックします。

変更を文書のすべてのページとセクションに適用する場合は、[文書全体]オプションを選択します。または、現在表示しているドキュメントのセクションにのみ変更を適用するには、[このセクション]を選択します(ドキュメントにセクション区切りがない場合、このオプションは表示されません)

設定が完了したら、メニューの右下にある[適用]ボタンをクリックします。

メニューの左下隅にある[挿入]ボタンをクリックして、選択した設定を使用して新しい脚注を挿入することもできます。

Word 2016で脚注と文末脚注を相互参照する方法

テキスト全体で同じ脚注または文末脚注を複数回使用する場合は、同じものを何度も挿入しなくても簡単に使用できます。

参照をテキストに挿入する場所に挿入ポイントを置きます。 「参照」タブで、「相互参照」ボタンをクリックしてください。

相互参照ウィンドウで、「参照タイプ」ドロップダウンメニューから「脚注」または「文末脚注」を選択します。

次に、「Insert Reference To」ドロップダウンメニューをクリックします。

“ Footnote Number”オプションは通常のテキストに脚注の番号を挿入し、“ Footnote Number(Formatted)”オプションは上付き文字に脚注の番号を挿入します。 「ページ番号」オプションは、脚注番号の代わりに参照ページの番号を挿入します。 「上/下」オプションは、相互参照に対して元の脚注が表示される場所に応じて、「上」または「下」の語を挿入します。ご希望のオプションを選択してください。

Wordを使用すると、相互参照間にハイパーリンクを作成できるので、文書のどこにでも同じ脚注を簡単に見つけることができます。 「ハイパーリンクとして挿入」オプションはデフォルトでチェックされているので、相互参照をクリックして、元の脚注を含む文書の一部に自動的に移動できます。このオプションはチェックしたままにしておくことをお勧めしますが、必要に応じてチェックを外すこともできます。

[どの脚注]オプションで、相互参照する脚注を選択して、メニュー下部の[挿入]ボタンをクリックします。