Microsoft Outlook 2016または365で新しいメッセージ警告を無効にする方法

Outlookは、新しいメッセージが届いたときにいくつかの種類のアラートを発生させることができます。タスクバーに通知が表示されたり、システムトレイにメッセージアイコンが表示されたり、音が聞こえたり、またはポインタが一時的に電子メールメッセージアイコンに変わったりすることさえあります。これらをすべて無効にする方法は次のとおりです。

ビデオ会議用に画面を共有している、または経理担当のJohnがチーム全体の電子メールメッセージを送信するたびに警告を表示したくない場合は、デスクトップ警告をオフにします。または、少なくともどの種類のアラートが表示されるかについて、より選択的にする必要があります。これらのアラートの種類のいくつかはMicrosoft Outlookで自動的に有効になるので、手動で無効にする必要があります。

新しいメッセージ警告をオフにする方法

Microsoft Outlookで新しいメッセージアラートをオフにするのは簡単です。数回クリックするだけで、安心して仕事をすることができます。

リボンの[ファイル]タブに切り替えることから始めます。

開いたファイルペインで、[オプション]コマンドをクリックします。

開いたOutlookオプションウィンドウで、左ペインの「メール」設定をクリックします。

右側のペインで、「Message Arrival」セクションまでスクロールします。

探している設定がここにあります。以下のオプションを設定できます。

  • Play a sound: Disable this option if you don’t want to hear the chime every time you receive a new message.
  • Briefly change the mouse pointer: Disable this option to prevent your cursor from changing to an envelope when a new message arrives. It happens so quickly, it’s pretty useless anyway.
  • Show an envelope icon in the taskbar: Disable this option if you don’t want to see the icon appear on your system tray every time a new message arrives.
  • Display a Desktop Alert: Disable this option if you don’t want Outlook popping up a Windows notification when you get new messages. The extra option “Enable preview for Rights Protected messages” that’s available when this option is enabled is really only applicable if you’re using Outlook to connect to an Exchange server. Disabling it prevents Windows notifications from displaying message previews when message have been marked as sensitive.

そしてそれはほとんどです!不要なオプションをオフにして、気を散らさずに作業に戻ります。