Microsoft Wordで行と段落の間隔を制御する方法

段落内の行間、または段落自体の間のスペース量を変更する必要がある理由はたくさんあります。 Wordには便利なプリセット値がいくつか用意されていますが、正確な間隔を指定することで完全に制御できます。その方法は次のとおりです。

文書内の行または段落の間隔を変更することは、頻繁に行う必要のあることではありません。しかし、強制的にダブルスペースを入れて論文を提出しなければならない人なら誰でもが知っているように、それは合格と失敗の違いになる可能性があります。大学以外では、雇用主、顧客、または出版社による行間ガイドラインにまだ直面している可能性があります。そしてあなた自身の文書でさえ、正しい間隔はあなたの文書を読みやすくするか、あなたがあなたの読者に焦点を合わせたい文書の部分を強調することができます。 Wordのデフォルトの間隔があまりうまく表示されない場合は、Wordで簡単に変更できます。

行と段落の間隔とは

彼らは両方ともほとんど彼らがどのように聞こえるものです。行間隔は、2行のテキスト間の空白の量です。段落間隔は、2つの段落間の空白の量です。また、適切なフォントや適切な余白を使用するのと同様に、間隔の制御はドキュメントの書式設定の重要な部分です。

奇妙なことに、最初は聞こえるかもしれませんが、段落レベルで行と段落の両方の間隔が適用されます。行間隔は、段落のすべての行の間隔を制御します。段落の間隔は、段落の前後のスペースの量を制御します。

Wordでは、行間は、段落が使用しているフォントサイズの倍数で測定されるのが最も一般的です。たとえば、段落のテキストに12ポイントのフォントを使用しているとします。 1行の間隔を選択した場合、行間は12ポイントになります。二重間隔を選択した場合、線の間隔は24ポイントになります。ただし、微調整したい場合は、使用する正確なポイントサイズを指定することもできます。

段落の動作は少し異なります。デフォルトでは、Wordは段落の後にスペースを8ポイント追加し、段落の前にスペースを追加しません。これらの値はどちらでも変更できます。

これらすべてを行う方法を詳しく見てみましょう。

簡単な変更のためにクイックプリセットを使う

Wordには、選択可能な一般的なプリセットオプションがいくつかあります。行と段落の間隔は両方とも段落レベルで適用されることを忘れないでください。挿入ポイントを段落に置くと、その段落の内容が変わります。複数の段落からテキストを選択した場合は、それらすべての段落の内容を変更します。

変更するすべての段落を選択します(または、変更したい1つの段落内の任意の場所にカーソルを置きます)。 [ホーム]タブの[行と段落の間隔]ボタンをクリックします。

これにより、行間隔(上)と段落間隔(下)のプリセットを含むドロップダウンメニューが開きます。

行間隔は倍数で表示されます。 「2.0」はダブルスペース、「3.0」はトリプルスペースなどです。必要な倍数を選択すると、選択した段落にそれが適用されます。別の間隔を選択する場合、または元の間隔に戻す場合は、[行と段落の間隔]オプションをもう一度クリックして別の倍数を選択します。

段落の間隔では、段落の前または段落の後にのみプリセット間隔を追加または削除できます。そして、それはそれが働く方法を一種の奇妙なものです。現在段落の前後にスペースがない場合は、メニューに両方の位置にスペースを追加するためのコマンドが表示されます(前の画像を参照)。ある場所にスペースを追加すると、そのコマンドはそのスペースを削除できるように変更されます。

そのため、メニューコマンドでは、1レベルのプリセット間隔を追加または削除することしかできません。そして、それらのプリセットは何ですか?段落の前の間隔は12ポイント、後の間隔は8ポイントです。

これらのプリセットは、いくつかの段落を簡単に変更するのに十分に機能します。しかし、文書全体の間隔を変えたい場合はどうしますか?すべて選択(Ctrl + A)してから同じコマンドを使用することもできますが、文書全体を変更したい場合は、より良いプリセットがいくつかあります。

文書全体に追加の間隔プリセットを使用する

[デザイン]タブに切り替えて、[段落間隔]ボタンをクリックします。

そのボタンに「段落間隔」というラベルが付いていても、ここでの変更は文書の段落間隔と行間隔の両方に適用できます。各プリセットの上にポインタを合わせると、変更が書類に反映されているのがわかります。また、小さなテキストの吹き出しがポップアップ表示され、プリセットにどの行と段落の間隔オプションが適用されるのかを正確に知ることができます。

これは「全か無か」のオプションなので、ドキュメント全体に対してのみ機能するか、まったく機能しません。これが、コンパクト、オープン、ダブルのプリセットが同じテキストでどのように見えるかです。

その「段落間隔」ドロップダウンメニューの下部にある「カスタム段落間隔」コマンドをクリックして、「スタイルの管理」ウィンドウを開くこともできます。

[デフォルト設定]タブの[段落間隔]セクションにあるツールを使用して、ドキュメントの間隔を微調整できます。また、一番下にある変更を現在の文書にのみ適用するのか、同じテンプレートに基づくすべての新しい文書に適用するのかを選択できます。

段落と線の間隔を細かく制御する

あなたが私たちがカバーしたこれらのプリセットのどれよりももう少し繊細さを望むならば、あなたは別の選択肢を持っています(結局のところこれはWordです)。

最初に、変更する段落にカーソルを置きます(または複数の段落を選択するか、Ctrl + Aを押して文書全体を選択します)。 [ホーム]タブで、[段落]グループの右下にある小さな矢印をクリックします。

これにより、段落ウィンドウが開きます。 [インデントと間隔]タブの[間隔]セクションで、段落と行間の両方に特定の調整を適用できます。

左側では、「前」および「後」コントロールを使用して、段落の前後に必要なスペースを指定できます。また、「同じスタイルの段落間にスペースを追加しない」チェックボックスをオンにして、段落の間隔が異なるスタイルのテキストブロックに影響を与えないようにすることもできます。 (異なるスタイルを使用しているかどうかわからない場合は、おそらくそうではありません。)

そのセクションの右側にある「行間」ドロップダウンでは、前に見たのと同じ行間プリセットを他のオプションと共に選択できます。

これらの追加オプションは次のとおりです。

  • At least: This option lets you specify a minimum point size to use for line spacing and is only useful in very specific circumstances. For example, say you had one line in a paragraph that for whatever reason used a smaller font size than the other lines. Regular spacing options might make it look weird. Choose a minimum spacing can help.
  • Exactly: This option lets you specify an exact point size to use between lines of the selected paragraphs.
  • Multiple: This options lets you dial in a specific multiple to use for spacing. For example, if 1.5 spacing seems too tight and 2.0 seems too wide, you could try something like 1.75.

これら3つのオプションの間で、すべてのドキュメントの間隔を完全に制御できるようになったので、今度は自信を持って紙という用語のスペースを2倍にしたり、完全にフォーマットされたレポートを同僚に覚えさせることができます。